里親制度とは

日本と長崎県の現状

日本では家庭のさまざまな事情で親と離れて暮らさなければならない子ども全国で約4万5千人います。
長崎県では、子どもを家族の一員として温かく迎え入れ、保護者の代わりに深い愛情と理解をもってご家庭で育てる「里親」を募集しています。
里親制度は、児童福祉法に定められた家庭で生活できない子どもの養育を支援するために、子どもを中心として考えられた制度です。
社会で子どもを養育することに関して、重要な役割を担っています。
※ 厚労省データ

里親の種類について

【 養育里親 】
 何らかの事情により保護者のもとで生活できない子どもを、保護者と生活できるようになるまで、または自立して生活できるようになるまで(原則18歳まで)など一定期間、家庭に迎え入れて養育する里親
【 専門里親 】
 養育里親のうち、虐待や非行、障がいなどの理由により、専門的な援助を必要とする子どもを2年以内の期間を定め、養育する里親 
※一定の要件と専門里親研修の受講が必要

【 親族里親 】
 実親が死亡、行方不明などにより養育できない場合に、祖父母などの親族が子どもを養育する里親
【 養子縁組里親 】
 養子縁組によって、子どもの養親になることを希望する里親。養子縁組には普通養子縁組と特別養子縁組がある。特別養子縁組はご夫婦ともに里親登録をする必要がある 
※ 厚労省データ(普通養子縁組と特別養子縁組)

PAGE TOP